解決事例

解決事例

Nさん(52歳男性)の場合

  • 相談内容 ギャンブル好きが災いして、気が付けば多くの信販会社や消費者金融から借り入れが・・・月々の支払いも楽になることはなく、もう限界です。
  • 解決方法 各業者との取引履歴を調査し再計算した結果、7社とも支払いが既に完済状態で、過払金が発生していたので、すぐに過払金返還請求を行いました。
  • 交渉結果 借入残高 342万円 借入先5社 ※取引年数6年~12年
    借金総額 0円 過払い金取り戻し額 117万円

Kさん(62歳男性)の場合

  • 相談内容 過払金請求を知り、過去に消費者金融と取引をしていたのを思い出しました。借金自体は完済したのですが、会社の経営状態が芳しくないので、過払金を取り戻したいのですが、まだ間に合うでしょうか?
  • 解決方法 カードも取引書類も残っていませんでしたが、過去に取引をされた2社のお名前がわかったため、各業者に取引履歴の開示を要求しました。調査の結果、過払金がある事が判明したので、過払金返還請求を行いました。
  • 交渉結果 借入残高 0円(既に完済済み) 過去の借入先2社
    過払い金返還 66万円 

Mさん(28歳女性)の場合

  • 相談内容 お店を開店してすぐに体調を崩してしまい、その間の生活費をキャッシングで補っていました。暫くして体調もよくなり仕事を再開したのですが、いまなお続く月々の返済がとても負担になっています。少しでも減額する事は出来ないでしょうか?
  • 解決方法 法定内利息で再計算の結果、大幅な減額が可能。更に、月々の支払い額を生活に無理のない範囲に収めるように、各債権者と交渉を行いました。
  • 交渉結果 借入残高 135万円 月々の支払い額 約6万円
    借金総額 20万円 月々の支払い額 1万円

Aさん(32歳男性)の場合

  • 相談内容 銀行や公的機関を中心に借り入れを行い、なんとかお店を存続してきましたが、売上げもどんどん減少し、支払いが滞っている状態です。どうして良いかわからず、知人の勧めで相談に来ました。
  • 解決方法 Aさんの場合、借入先5社のうち4社が法定内金利のため、大した減額も見込めず、現在の収入から考えても今後の支払いが困難と判断。自己破産をご提案し、裁判所へ申し立てを行いました。
  • 交渉結果 借入残高 385万円 借入先5社 ※取引年数1年~5年
    自己破産の申し立て受理  借金総額 0円 

Oさん(43歳女性)の場合

  • 相談内容 夫の会社が倒産し、再就職までの生活費と思いキャッシングを利用したのですが、思っていた以上に時間がかかり、結局『借りては返す』の悪循環に陥りました。どうにか抜け出す方法はないでしょうか?
  • 解決方法 法廷利息内で再計算をした結果、取引年数の短い1社をのぞき、すべての業者の借金が完済状態。残りの1社の残債務も、他の業者からの過払い金が上回るため、実質的に借金がなくなりました。
  • 交渉結果 借入残高 162万円 借入先4社 ※取引年数5年~9年
    借金総額 19万円 過払い金取り戻し額 23万円
ご相談者からの喜びの声をいただいております。
お問い合わせはこちら

無料相談受付中!お問い合わせフォーム

事務所紹介
  • 広島司法書士会 所属

    アーク司法書士事務所

    代表 司法書士 李 永鍋
    広島司法書士会会員
    会員番号 第0822号
    簡裁訴訟代理関係業務
    認定番号 第524005号

    〒732-0826
    広島市南区松川町2-4 3F
    TEL:082-568-8771
    FAX:082-568-8772

    0120-777-123

    arc@e-arc.or.jp

  • 事務所概要
  • アクセスマップ
代表紹介

李 永鍋 り よんふぁ

・李 永鍋 り よんふぁ
・アーク司法書士事務所 代表司法書士
・1970年11月22日生まれ
・趣味は、映画鑑賞・読書・サッカー。
司法書士として2,000件以上の案件に携わる。

詳しくはこちら

フェイスブック
ブログ

ページトップへ